女 30代

MENU

女30代|気持ちのいいせっくすしたい女性も抱かれたい熟女

女も30代になれば寂しい日には女性も抱かれたいのです。夫以外ともせっくすしたいのです。不倫でセックスしたい浮気相手がほしいです。

 

主婦はさみしい夫も会話もない一人ぼっちなんです。私はネットで不倫探しする方法を見つけた。

 

ハンドルを握る彼の横顔がかっこい「どちらに行きましょうか」「フフフっ!一番近くのホテル」と彼の耳もとで囁くように私が言った。

 

彼はこのサイトで私に出会ったのが私が初めての女性だと言った。

 

「今すぐ会いたい」と言われてこれは冗談ともわからないと思いながら車を飛ばしてきたという。

 

私は一目見て良さそうな男性で安心でほっとした。「ごめんね急がせてしまって」「僕の方こそ、嬉しいです」彼は 照れたようにさわやかに笑う。

 

ハンドルを握る彼の横顔がかっこい「まずはどちらに行きましょうか」「フフフっ!一番近くのホテルよ」と彼の耳もとで囁いた。

 

私は彼のズボンのふくらみの上に手を置いてみた。「だだ・・進だめ、だめですよ。こんなところで」

 

好感の持てるまじめな彼の反応は可愛くて私はエロく淫らな気分がアップしました。

 

信号待ちで車が止まった瞬間に待ったので彼のズボンをおろしてペニスをひきずり出しました。「しゃぶってもいい」「あ・・え・・いいですけど運転できなくなりますから」若い男の強い匂いが車の中に立ち込めていた。

 

すでに大きく逞しましいものにうつ伏せに下半身で覆って舌でベロベロベロリとしたら激しく脈打っているのが伝わってくる。「これが欲しいわあー」

 

私は、嬉しくて一気に根元まですっぽりと呑み込みしゃぶってみた。甘くて塩ぱいペニスの先からにじみ出るガマン汁を味わってみた。すると「ああ〜〜もうだめだ」信号で止まった時に声を出し大量の精液が発射された。

 

私は、口の中に白濁汁でいっぱいになり助手席に戻って口にたまった白濁したものを彼の顔を見ながらゴクンと飲みくだしました。彼はびっくりしてせてハアハア言いながらハンドルを握っていた。

 

私は口の中にある酸っぱくて香りを確かめながらホテルに着くまで彼のペニスを指で揉みしだき風ながらモテ遊んだ。

 

風やがて、ホテルの前に車が彼は部屋を選んで入るなり私をベッドに押し倒し強くて逞しい荒々しいキスをしてきました。

 

私も彼の求めに応じて唇を吸い彼は下着の中に手を差し入れ蜜壺に指を入れてきました。私は、腰を上げ脱がしやすような体制になりました。

 

腰を大きく開いてきたから腰を上げると指先がするりと入り込んで私は気持ちがいいのでうっとりとしてきました。

 

彼はすぐさま中指と薬指で侵入してむちゃくちゃにかき混ぜて動き回ります。「はぁ〜」「すごくいいわ〜私を滅茶苦茶にして。。もっとグチャグチャにして」

 

彼の硬くて大きなペニスが唇に近づいてきました。

 

つい10分ほど前に車の中であんなにいっぱい精液を出したのに若い彼のペニス夫婦は立派に充血して奮い立ちそびえていました。

 

キツくなっていてさわやかな若さを感じ、風舐めるたびにチーズのような酸っぱいような匂いが口の中に入ってきます。

 

「お願い、早くこれを入れて欲しいの」言いながら睾丸の入った袋まで口の中にすっぽり咥えこみ唾液でべとべとになるまで舐め、私は彼の挿入を待ちました。彼の顔は私の間に埋め込まれている。

 

私の下着はすべて彼に1枚ずつ剥ぎ取られ、足を開いて彼の舌を待ち受け入れていた。

 

「すごく濡れるんですね。舐めても舐めも愛液が溢れてくる」とうれしそうに言う。

 

「それはあなたの舐め方が上手くてセックスの前戯が上手いからよ」と「ねえ、我慢できないわ、この太いものを早く」と何度も腰を上げて左右に振りながら催促するように言った。

 

【絵美 主婦 34歳 埼玉県】
女 30代,女性 抱かれたい,せっくすしたい

 

女 30代,女性 抱かれたい,せっくすしたいTOPへ不倫ばれない|バレない浮気不倫がしたい不倫方法浮気まとめ>>