看護師とセックス不倫は熟女の男漁り

看護師とセックスしたいと看護婦と不倫は憧れだったので俺はナースとのセックスしている。

 

「まあどうしたの。あなたは甘える人がいないのよね」ナースの言葉は心地よい子守歌のようです。思わず胸に顔を埋めていた。

 

彼女はナースキャップをとり、立派な男ね。俺の股間に手を伸ばし股間をつるりとまさぐった。

 

 

 「いけない子ね。こんなに硬くなって」
彼女の柔らかな掌の感触が伝わり何とも心地がいいのだ。頭のうしろで結い上げた髪をバサリとほどいた。看護師さんは長い髪がふんわりと色気を放っていた。

 

 

手際よく服を脱ぎ捨てるとボリューム満点のバストを見せつけるかのように俺に近づいてきた。僕の下着を手際よく脱がして

 

「ああ・・こんなになっちゃって。エラが張っててイヤらしいのね」

 

そして、ペニスを咥えるとそのままそれを口の中で暖かい肉におおわれた。優しいフェラするんだ。僕はうっとりしていた。ペニスは口の中でむくむくと大きくなり、喉の奥に先端が当たってオスの匂いがする

 

 

僕はしゃぶられながら、豊満な乳房を揉んだ。乳首に吸い付いた。どうやら感じてきたようで下半身に指を挿入するとグッショリだった。

 

 

割れめからは、ヌルヌルの美しい液体が溢れていてお尻のほうまで濡れて光っていた。もう彼女は完全なる裸で雌豹のような眼差しで俺をくぎ付けにした。

 

 

彼女はベッドの上にしなやかな身ごなしで乗って俺をやさしく押し倒した。「さあ!可愛い坊や」長い髪が俺の顔をくすぐり甘い女のいい匂いが漂った。

 

 

俺は返事のかわりに両手を伸ばし豊満なバストをつかんだ。「あん。そんなに強くうう〜あふふふ」嫌がる口調ではない。俺はその響きに淫らなものを感じさらに力を強めた。

 

 

白くてゆで卵のようにキメ細かな肌の感触に指先が食い込むほど、乳房を揉みしだくと俺も興奮してきた。

 

 

「あ〜〜もっと揉んで、おっぱい揉んで」
「ああ!気持ちがいいわ〜素敵」

 

 

 俺に馬乗りになった姿勢で右に左に淫らに肢体を揺らしながら、からみつくよう喘ぎ声を上げた。声は抑え気味だがそれでも漏れる声は抑えきれないらしい。

 

 

 俺はを篭絡してやった。看護師とセックスする興奮はますます興奮する。右手を乳房から股間へと移動させ陰毛の奥の割れ目を探った。

 

「あ〜いやん!あんあんだめ」

 

 いきなり入れちゃだめよ。叱るような優しい口調はたまらなかった。これはその言葉を無視してくれということだろう。

 

 と、判断し彼女の秘密の蜜壺に指先を滑り込ませた。そこはすでに十分以上が淫汁が満ちていた。

 

「それ以上はだめよ」

 

 ダメということは是非やってみるということなのだろう。と判断して俺は、秘密の壺の中に指をめり込ませ、指先を彼女の膣内でぐりぐりと動かした。

 

 まるで、ここには秘密のツボであるかのように彼女の腰は怪しく動いた。じっとり溢れ出てきた淫汁が彼女の太ももを伝い俺の腕まで流れくる。

 

「やっぱり若い子はいいわ〜」

 

 男と遊ぶように楽しんで、看護師とセックスは完熟女の体なのだ。肉体の欲求だけを満たすだけの関係だけを求めている。

 

 

 看護師とセックスしたいなら出会い系がいい看護婦も不倫したい。性欲が強くて我慢が出来ないのでセックスフレンド欲しいと最初に会った時に言っていた。

 

看護師とセックス,看護婦 不倫

 

「春樹 茨城県 28歳」

 

通常サイトに登録するとお試しとして500円の無料ポイントが付きますがここから登録したら1000円分のポイントはもらえます、まずは無料登録でお試ししてみてください。

 

ここから
看護師とセックス,看護婦 不倫TOPへ不倫ばれないがしたいバレない浮気まとめ方法>>