女性へ性癖セックスプレイはクリお仕置き

  セックスプレイはクリお仕置きが好きでアナルへと進んでいく

 

「会社で見る地味な彼女と違いセクシーだね」そういって用意していたルームキーを手渡した。

 

意外にもすんなりことは進んだ。女はみんなこんなに簡単に口説けるのかと思うと男として自信が溢れてきた。

 

やがて、二人っきりになって抱き寄せた。

 

僕が彼女のパンティに指をかけ太腿あたりまで一気に引き下ろした。彼女は悲鳴をあげてお尻をすぼませました。パンストを指にひっかけおろしてその美しいヒップをわしづかみにした。

 

そして、尻を付き出すような格好をさせました。「これが・・・可愛い彼女のあそこだ」そう思っただけ征服にようなものがこみあげてきた。

 

「いやーやめて〜見えてるんでしょ いやよ・・」彼女は抵抗しながら実は感じてると思った。

 

ついに彼女の陰部まできた。

 

陰部からとろとろの液体で、輝き光っている。少し勃起しているクリトリスかたアヌスの蕾までがあらわになった。

 

色素が沈着した黒紫のアヌスの周辺には淫靡なちぢれた毛がまばらに見えた。

 

僕は美しい彼女の顔からは想像もできないそのギャップに興奮を覚え、もう無我夢中でした。

 

小陰唇のひだを左右に押し広げねっとりとした透明な液体に濡れた内部を舐めまわす。

 

先端部のクリトリスからアヌスめで自由に舌が動き回り、鼻はまるで野獣のようにその匂いを嗅ぎまくっていたのです。

 

クリお仕置きはこれからだ、クリを中心に舐めるしゃぶる、指で小刻みにブルブル震わせる、もう 30分以上クリお仕置きしている。

 

その悲鳴と鳴き声でマスマス興奮していく。

 

ぐったりしている彼女を後ろから尻を責めてみる。自然にアヌスの中まで舌が入って行きました。以外にも彼女のアヌスのは締まりなくて、俺の舌はお誘いれているかのようでした。

 

アヌスは舌を誘い込み中でピストンをさせました。次には アヌスの中に指をそっと入れました。

 

 

「ひぃ〜ああ・・・」と呻き声を洩らします。僕はぬるぬるした感触を指で感じながら一度引き抜き、その匂いを嗅ぎました。

 

そして、コンドームをペニスに装着して彼女のアヌスのバッグから中ほどまで挿入できました。

 

ゆっくりとピストンで摩擦始めると、今までで経験したことのない快感が体中を包み込みました。

 

「あ〜〜なんという快感なのだ」膣の感触とはくらべものにならない。キュキュットと尻の穴が締まっていく。申すk浸かりアナルセックスにハマっている。

 

室内に彼女の声に交じって、俺の歓喜に溢れた情けないうめき声が響きまわっています。

 

アヌスのあまりにも締まりの良い感覚に早くもペニスは、はじけてコンドームの中に白濁した液体を放出してしまったのです。

 

ぐったりと倒れこんだ俺は、目覚めると再び彼女の尻の割れ目に顔をうずめていた

 

「清一郎 44歳 和歌山県」

 

前記事 こちら⇒不倫する女心とhプレイへの鈍欲さ

 

 

ここから登録したら無料ポイントが付きます、まずは無料登録でお試ししてみてください。


↓ ↓ ↓ ↓ 
体験済のところだけ!本当に会える
PCMAX
ハッピーメール

 

 

 

TOPに戻る不倫ばれない|バレない浮気不倫がしたい不倫方法浮気まとめ>>