不倫する既婚の一人の男と出会った熟れた体

 不倫したい既婚の人妻がある人と出会いん熟れた身体は男性を求めていました,夫との関係は完全に冷え切っていました。

 

 そんなさみしい気持ちからふとしたことから一人の男と出会ってしまったのです。

 

 私は大学を卒業してすぐに結婚して20年です。結婚後ラブラブ状態は10年と続きませんでした。そんな空洞ができた私の中に一人の男性がさりげなく入り込んできたのです。

 

 彼は洗練されたスーツを着こなし 少し焼けた顔に笑顔がこぼれていました。

 

 人なつっこく優しい笑顔が印象的でした。「ちょっとキザな人だな」と思いましたが、特に悪い気がしなかったので楽しみながら話しをしていました。

 

 外資系の企業に勤めているといった。彼は40代半ばぐらいルックスの身のこなしもすべてな大人の男の雰囲気をただよわせていました。

 

 私たちは自然に会話が弾みました。

 

会話の中で私は「この人とはいい関係になる」という直感がしました。

 

 私たちはここで初めて携帯の番号とメールアドレスの交換をして、その日は別れました。

 

不倫という言葉が既婚女性を刺激し,男の人とも出会いは私に潤いを与えてくれました。

 

 それから1週間たち 彼からメールが来ました。半分は忘れていましたがそのステキな声に下半身が震えてきました。
そして 私は約束のホテルのコーヒーショップで初めて逢いました。

 

 結婚以来、初めての男性との食事です。彼は筋肉質な肉体としなやかなムードで私をどんどん佳境へと導くのです。

 

慣れた手つきで私を抱きよせ耳元でささやく、私はびっくりして魔法にかかったように動くことも考えることもできませんでした。

 

「きれいだね 君は最高だよ」どきどき言われると、うれしくなりました。

 

夫から、このような言葉を言ってもらったはありませんでした。

 

私は一度しか会ったことない彼と夫を裏切っているという自分が信じられませんでした。

 

私と夫との関係は完全に冷え切っていました。もう数年も関係がなくそれでも仮面夫婦として演じているのは一人息子がいたからです。

 

 その一人息子も大学進学を機に一人暮らしをしたいと云いました。

 

 そんなことになって私の自分の生き方をふと振り返り「自分を解放したいこれから本当の自分の生き方をしてみたい」と思い始めていた頃でした。

 

 不倫する既婚の男女は多くなっているが、それは寂しいかからです。誰でもいい人と出会い,私を女として認めて欲しいのです。

 

 何よりも 42歳の女盛りに 10年以上セックスもなく無味乾燥な夫婦生活 私の熟れた体が男を求めていたことも紛れもなく事実でした。

 

 

 不倫という後ろめたい気持ちが既婚人妻という私を余計に燃え上がらせていく。初めて夫以外の男の人との出会いは、ときめきと夫への復習で心はドキドキとときめくのでした。

 

『真衣子 専業主婦 42歳 横浜」

 

 

 

体験済のところだけ!本当に会える
ここから登録したら無料ポイントが付きます、まずは無料登録でお試ししてみてください。


 

TOPに戻る不倫ばれない|バレない浮気不倫がしたい不倫方法浮気まとめ>>